人気ブログランキング |

美的生活事始


心も体も頭も。強くやさしく美しくなるため日々鍛錬!山あり谷あり、艶めき女道。気軽にコメントしていただけると、とっても嬉しいです。
by arcticdaisy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

偶然?必然?堂島孝平!

e0021688_3114933.jpg
「春咲渦巻ショウ HARUSAKick UZUmatic SHOW」なんて
いかにも
「春に向けて、ハッピーでウキウキになろうぜ!」
的タイトルなのに。
なのにワンマンショーでアコギ一本。

で、のっけから「センチメンタル・シティ・ロマンス」
「あの日出逢ったことにけして罪はないから・・・笑って」
だーかーらー、そんなのアコギ一本で歌われた日には・・・こみ上げてきちゃうんだってば!

その後も、
「北海道だけツアーの時来れなかったから」
と言って、2月22日(堂島くんのバースデー)のライヴ映像を解説付きで流してくれたり(しかもこの映像、自らこの日のために編集したって言うんだから)、
新譜「UNIRVANA」の収録曲だけじゃなく、「スケッチ日和」みたいな10年くらい前の曲まで披露してくれちゃったり(その頃の思い出が走馬灯のように・・・うぅ)、
一度引っ込んだのに「1曲飛ばしちゃった」って照れ笑いしながら、「特別に♡」って生歌で「Still」、歌いながら会場に下りてくるし、そして近くまで来ちゃうしさー・・・

ホントお願いですから、私の「安心毛布」になってください。

1曲目からずっとこらえてたのに、
なのに、なのに・・・
とうとう我慢しきれず「君と出逢えた奇跡」で、涙こぼれちゃったよ。
多分、すっごく変な顔してたと思う、私。泣き笑い、みたいな。

あまりにも今の私の心にリンクして、胸が苦しい。
だけど出逢えたのは奇跡。ありがとう、なんだよ、ね?


だいたいMCでは笑わせておいて、なんなんだよーーーーー!!!!!

ずるいぜ、堂島孝平・・・

ハートわしづかみにされて、なでなでされた心持ちでした。
こんなん、たまらない。

というのも、私、前から4列目のど真ん中だったんで(6列目までイス席)、ちょうど堂島氏と目線が合う位置。
いつもなら「ベスポジ!ラッキー!」くらいな感じなんだけど、私が会場に入ったとき、なぜかそこだけ1席空いてたんで座ったんですよね。

だからなのか「私に歌ってくれてんの?」なんて、
普段なら全然思わないこと、思ったり。
今回はそれくらいシンクロした選曲だったし
しかもこの時期に北海道だけ特別に(ワンマンで)来てくれたってのがまた
運命的なものを感じずにはいられません。


言葉では言い尽くせないほどの・・・・・・受け取りました。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。




会場に入り一息ついて、1ドリンク付きだったから飲み物取りに行ったら、おまけに「キットカット」いただきました。1個。こんなのここのライブハウスで初めてなんだけどね。

そして、ライブが終わって帰り際、ふと足元を見ると「キットカット」が落ちてて、「あら、おとしちゃった」なんて思ってたら、私のじゃなかったのね。でも誰のかわからない。
んで、結局2個ポッケに入れて、パンフとCDを買って会場を後にして、駅に向かう途中、
なんと着物を着て竹かごを背負ってゴミをひろうエコパフォーマンストリオに遭遇。

普段は3人なんだけど、その時いたのは2人
「あ、この人たち、TVで見たことある(以前に夕方のニュースに彼らが出てたのを見た。北海道のローカルのなんですけどね)」と思い、
「TVで見たことあります・・・寒いのに・・・頑張ってください」
と話しかけ、先のキットカットを一つずつ渡したら、すーごく喜んでくれて
そしたら何だかこっちまで嬉しくなっちゃって

その時私がキットカットを拾ったのは、このためだったんだな、と。
寒い中、ゴミを拾う彼らの心をちょこっとだけ、あたためるためのものだったんだなぁ、としみじみ。


堂島くんにあたためてもらった心が私を介して他の人にも、伝染ったってこと。
ミラクル!!
・・・必然!?
いや当然か?


だから、堂島くんがこの時期に来たのも、席が1つ空いてたのも、キットカットをひろったのも、彼らに会ったのも、以前から全部決まってたことなのかもなぁ、
なんて。

不思議だったけど、とてもすてきな余韻に浸れた心あたたまる夜でした。
by arcticdaisy | 2008-03-25 02:09 |  ☆音楽
<< いいよ、いいよ~↑ 吉村作治の早大エジプト発掘40年展 >>