美的生活事始


心も体も頭も。強くやさしく美しくなるため日々鍛錬!山あり谷あり、艶めき女道。気軽にコメントしていただけると、とっても嬉しいです。
by arcticdaisy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ: ☆ミュージアム( 2 )

私の情熱は・・・

今日は昨夜の幸せの余韻をひきずり、家でぽーっとしてました。

昼間は、Sちゃんから「いろいろありがとうね♡」電話をもらいひとしきりはしゃぎ、昨日知り合ったコとメール、昨日の写真を改めて見直し惚れ惚れ・・・

夜は「ビフォーアフター」にゲスト出演してる須藤元気を見てやや萌え(ちょっとしか映らなかった)。
でもそれよりも私の心を揺さぶったのは、「情熱大陸」。東京国立博物館の展示デザイナーの木下史青氏 のそれこそ仕事に対する情熱

そして
「やっぱ東京行きたいなー」
と改めて。

いや、違うな。
東京ももちろん行きたいけど、私は「博物館」に行きたいんだな、おそらく。
というより、やっぱり働きたいんだなと、思った。こっちのが正解。

木下氏が仕事に夢中になるがため、あちこちに忘れ物したりしてる姿を見て、
「情熱と愛を持ってやっていることには(仕事じゃなくても)こうなってしまうんだろうな」
と思いました。

自分も多少なりとも、覚えがあるから。
仕事の大きい小さいとか関係なく、ね。
情熱、愛、強い想い、必死さ、不安、達成感、などなどに関して。

この番組を見れたことで、自分の心の中に小さな種火がついたような気がします。
ありがとう、「情熱大陸」。やっぱいい番組です。
[PR]
by arcticdaisy | 2008-03-31 00:30 |  ☆ミュージアム

吉村作治の早大エジプト発掘40年展

e0021688_1754501.jpg
平日に行ったんだけど、結構な人。
でも、じっくり見ることができました。

ずっと前から不思議に思っていたの、私。
「吉村先生はなんで『エジプト』を掘るのか」
「日本の遺跡だっていいんじゃないか」

って。

でも、展示見て納得。
先生の生家は商売をやっていて、小さい頃から家に帰るのに、みんな忙しそうにしてるんで気がひけてたんですって。それで、図書館で時間をつぶすようになったんだけど、何から読んでいいかわからないから司書の先生に何を読んだらいいのか聞いたんだって。
そうしたら、「伝記を読みなさい。いろいろな人の人生を通じていろいろなことが学べるわよ」って、それで伝記を読んでるうちに、読書に没頭し、そこで心奪われたのがピラミッド、スフィンクスのことについて書かれた本だったんだそうです。
そこで、「将来は考古学者になってエジプトに行く」とかたく心に誓ったんだそうな。
そしてその願いは叶い、考古学者になり、実際にエジプトに行き、発掘調査を始めて40年。
今回はその記念展だったんですね。

吉村先生がなぜそういう考えに至り、どういう考えでどんなものを使って、どんな調査をし、どんな結果が出たのか、そして、それをどうやって後世に伝えていくか。
というテーマがはっきりした展示だったので、とてもわかりやすく楽しく見ることができました。

しかも遺物は盗掘されてないピラミッドのものなので(あ、盗掘されてたらすでに持ち去られててないもんんね、何か変な言い方でスイマセン)副葬品や土器、木棺などほぼ完全な形で残ってる。その実物をここ札幌で見れるっていうのは贅沢だなぁ、と思いました。

あと私個人的には、実際、現場で使ってる道具やキャンプ張ってる様子の写真、実物大の模型、修復の様子の写真などもあって、すっごく興味そそられました。

遺物のみの展示だと思っていたので(いや、遺物だけでもいいんだけど)、良い意味で裏切られたというか。

展示室を出る時、
「エジプト、行かなきゃなー」
と普通に思っちゃいました。
ホント、フツーに。

そうなんだよねー。
私は公文の教室の本棚にあった本でピラミッドや南米の遺跡のことを知って、考古学者になりたい!と思った。
そして小学校のアルバムに「将来の夢、考古学者」って書いたんだよなーと。

子どもの頃のそういう強烈な思いというか願いというか念力?というかそういうのは、大人になってもなくならないんだよね。本人さえ忘れなければ、あきらめなければ。
そういう大事な大切な気持ちも思い出させてくれた、素敵な展示でした。

私も学者ではないけど、その一味というか端くれとして笑
少しやる気出てきました(ような気がします)。
体だるかったけど、行って良かった。
初心に戻れたお礼の気持ちと頑張って欲しい気持ちを込めて、募金500円だけだけど、ちゃりん、としてきました。

おそらく巡回展だと思うので、皆さんの街で開催される際は行ってみてください。興味のある方は(ない方でも)普通に楽しめると思います。
ちなみに私は知識の他に元気と勇気をもらいました^^
[PR]
by arcticdaisy | 2008-03-22 17:58 |  ☆ミュージアム